突発性難聴の原因を知る~ナンナン難聴改善術で快適生活~

耳

サイトを参考に

耳鼻科に抵抗意識を持っている方も少なくありませんが、口コミサイトなどを利用し、事前に病院の情報集めを行なうと通いやすいでしょう。中耳炎や耳鳴り、鼻炎など耳や鼻の異常がある場合、耳鼻科を利用すると的確な治療を受けることができます。

» 読んでみよう

耳や鼻の治療以外にも

最近はアレルギー患者も増え、耳鼻咽喉科を受診する人も多くなってきました。耳や鼻の症状のほかに、かぜやインフルエンザも診てくれます。もちろんのどや口内炎などの症状緩和を行うこともできるので、一度耳鼻咽喉科を受診されたらいかがでしょうか。

» 読んでみよう

子どもの風邪症状の対処

耳鼻科は小さな子供の鼻風邪などの診察、治療にも利用することが出来ます。もちろん、症状の内容によって受診する診療科は異なってきますが、日ごろから受診することに慣れておくことでよりスムーズに治療が受けられるようになるのです。

» 読んでみよう

突然になる難聴の対処方法

耳に起こる症状とは

近年、有名人が発症したことで認知度が高くなった病気に突発性難聴があります。突発性難聴とは、通常の日常生活の中で突然に片方の耳が聞こえなくなったり、聞こえづらくなったりする病気で年々患者数も増加傾向にあります。患者の年齢層として、以前は中高年に多く見られましたが、現在では若者にも増えており、誰でもが発症する可能性がある病気です。朝起きた時や仕事中に、突然耳が詰まったようになったり、耳鳴りやめまい、吐き気を伴うことがあります。突発性難聴の多くは片耳だけですが、両耳に症状が出る場合もあります。風邪等のウイルス感染による説や耳の血行不良による説などが原因として考えられていますが、明確な原因は不明となっています。

早期治療が重要

突発性難聴の治療としてはステロイド剤や耳の血液循環を良くする為の薬が処方されます。また、ビタミン剤等も併用して治療を行います。突発性難聴を治す為には早急な治療が重要といわれています。治療開始が発症から1〜2日以内であれば聴力は回復するといわれています。しかし、治療開始が症状に気づいてから2週間以上経つと聴力を回復させるのは徐々に難しくなっていきます。突発性難聴の症状に気づいてから1か月以上たつと聴力は回復せず、聞こえなくなってしまう場合もあります。症状に気づいたら、治療を先延ばしにせず、早急に耳鼻科で診察を受けるようにしましょう。突発性難聴は早期に適切な治療を受ければ聴力は回復しますし、再発しないといわれていますので早急な治療をお勧めします。