突発性難聴の原因を知る~ナンナン難聴改善術で快適生活~

先生

子どもの風邪症状の対処

子どもが風邪をひいたとき

小さな子供であればあるほど、その免疫力は低く、必然的に風邪の症状も出やすくなってきます。子どもが風邪をひいたらほとんどの人は小児科などの診療科を受診するのでしょうが、症状の出方によっては耳鼻科を受診した方がいい場合もあります。それは鼻水や咳だけが続くという場合です。耳鼻科であれば、こうした症状に適した処方が可能ですし、必要に応じて吸引などの処置を施すことができます。さすがに小児科ではここまでの処置は出来ないので、あまりに極端に鼻水、鼻づまり等の症状が出てきる場合には参考にしてみるといいでしょう。とはいえ、発熱がある場合、あるいは小児喘息などの持病を持っているという場合にはより専門性の高い小児科への受診がオススメです。うまく使い分けていくことで子供の症状を改善していきましょう。

病院選びのポイント

子どもを連れて耳鼻科へ行く際、チェックしておきたいのはその耳鼻科が子供の診察等に慣れているのかどうかという点です。もちろん、それぞれの病院によって特色は異なってくるでしょうが、場所によってはキッズスペースが確保されていたり、より子供が過ごしやすい空間が作られています。こうした情報は各病院の口コミ情報、さらにはランキングサイト等で確認していくことが出来ます。子供を連れての受診の際、気になる人は事前にその情報をチェックしておくことをおすすめします。より子供がリラックスして過ごせる病院を見つけておくことで、今後の通院もしやすくなっていくのではないでしょうか。耳鼻科は特に怖いと感じる子供が多いので、日ごろのうちから慣らしておくことも大切です。